活動の記録

2017年05月21日

5/20

FUJIKOさんの企画シリーズ「命どぅ宝」賑やかに終演!素晴らしい夜、ありがとうございました!

岡野さん撮影サウンドチェックあたりの様子。

満場のお客様が熱く見守る中、FUJIKOさん自ら沖縄へ足を運んだ体験がなせる演奏にズンと臓腑が揺れました。昨年よりシリーズを重ねながらおそらくいろんな思いに苛まれそれでも前進し発信し与え続けるFUJIKOさんの直球。唸るしかないワシ。。

うーん己の軽さにめげず焦らず行こう。。


菜の花楽団のステージも一緒に唄ったり聴き入って下さったり、かつてない盛り上がりが有難く嬉しかった〜。熱くリラックスした中にも眼光揺るがぬお客様達にもFUJIKOさんが長く築いてきた信頼関係を垣間見。美しく頼もしい先達にワタクシ胸アツでした。

菜の花のアンサンブルも、先日の録音を経て各々プレイがギアアップしてる気がする。ちょい見切り発車的に録音してみた感はありましたが、これまで約3年演奏を重ねて来たレパートリは気付けばそれなりの血肉を纏っていて、これが新キッカケという流れなのかも。ミラクルスペーシーな菜の花男子お二方に尻を叩かれて励みまっす。音源もいい形で出したいと話しているので、少し気長にお待ちいただけると嬉しいです!

そして私は初めてお世話になった会場yellow visionさんですが、さりげなくサポートするくらいのナチュラルなPAサウンド、マスターのお人柄も柔らかく居心地良くさせていただきました。ありがとうございました!阿佐ヶ谷はちゃーりーさんにとっても青春の街らしいですよ。


さて。
そんなこんなの菜の花楽団、次回ライブは初札幌。ちゃーりーさんの故郷の小劇場でノンPA企画。たまたまお近くにいらっしゃるみなさま覗いてやって下さいませ。

すぐそばに日帰り温泉あるし。
ジンギスカン三昧楽しみ!

//

ラグリグラ肉声祭り
◎日時:5月28日(日)17:00頃開場/ 18:00頃開演
◎場所:ラグリグラ劇場(澄川) 札幌市南区澄川3条3丁目米永ビル2F
◎入場無料(投げ銭)
◎出演(予定):ヨコイマウ、ワカバヤシゲンキ、おくすり、ギンゴー、菜の花楽団(チャーリー高橋、岡野勇仁、さとうじゅんこ)、他


//

おやすみなさい〜。

じゅんこ


2017年04月08日

4/8

淡灰の花曇り。
うたイロみっちりリハ&作戦会議!

ワタクシとしましては、先週の義太夫節特別勉強会を受けてもう一度ゼロから聴き取り直しをしていたら案の定得意の悪癖近眼自閉ミクロ脳にぐるぐると陥りまして。まだ最後まで出来てなかったのだけど、音を合わせてみたら3人での呼吸がとても柔軟で大きくラクになっていてちょっと驚いた。長い時を経て伝え鍛えられてきた技や型の妙に触れちゃったかもしれない気がしてワクワク〜。義太夫節面白い!

その他セットリストもバージョンアップ、新しいアイデアや視点も続々、来週は公演通りクラシックスの広々空間をダイナミックに彩る所存です〜。


画伯の筆で戯れる。

あと、オレの豪快なお腹の音を聞いたるっちゃんが美味しいサンドイッチを作ってくれてとてもシアワセでした!

育ち盛りのうたイロトリオ、是非ともご高覧願います‼︎

//

うたイロトリオ LIVE!!

◎日時:2017年4月15日(土)開場13:30 開演14:00 
◎会場:公園通りクラシックス(渋谷)渋谷区宇田川町19-5東京山手教会B1F
◎チャージ:予約3,000円 / 当日3,500円 (1d付き)
◎出演:うたイロトリオ(田嶋真佐雄、熊坂路得子、さとうじゅんこ)
◎ご予約/問い合わせ:mhouse0401@gmail.com(M-house事務局) 


//

夜の雨で桜も落ちたかなぁ。
満開時期にドンピシャ引きこもりだったので、明日は花見気分を補てんしたいな。
おやすみなさい!

じゅんこ


2017年04月02日

4/1

うたイロトリオのお勉強会でした。

昨年トリオ結成より取り組んでいる義太夫節、その筋の畏れ多くも超ステキな方にいろいろ教えて頂く2回目です。我々の新しいレパートリ「菅原伝授手習鑑:喧嘩の段」をご覧いただき感想やアドバイスやアイデアを頂戴したり、様々疑問にも興味深いお話で答えてくださったり、もうなんていうか元気100万倍です。

しっかり受け止めて思考して取り組んで行かなきゃだぜ‼︎
ワシにおきましてはさらりハードルガチ上げと相成り震えております〜武者の方で何卒。。

そんなうたイロトリオの次回本番は4/15@公園通りクラシックスです!
マチネです!終演後デートできるね。

ここしばらくスケジュールがかなりゆったりな中で、去年その瞬間毎をぎゅっと走り続けたいろいろがやっとほぐれて来たのを感じてます。日々細胞が入れ替わるように。情報を咀嚼してぐんぐん吸収する余裕ある柔らかさ。五感の解像度。やはり日頃の住まい方をもっと丁寧にしたいものじゃよ。


若い頃は新年度とか桜とか晴れ晴れしさに気が引けて苦手だったけど、だいぶ遅ればせながら素直になったみたいでこれも歳ですな。

//

うたイロトリオ LIVE!


◎日時:2017年4月15日(土)開場13:30 開演14:00 
◎会場:公園通りクラシックス(渋谷)渋谷区宇田川町19-5東京山手教会B1F
◎チャージ:予約,000 当日,500 (1d付き)
◎出演:うたイロトリオ(田嶋真佐雄、熊坂路得子、さとうじゅんこ)
◎ご予約/問い合わせ:mhouse0401@gmail.com(M-house事務局) 
 

//

じゅんこ


2017年03月14日

3/14

菜の花楽団リハ!
新しいレパートリ群はちゃーりーさんからアレンジ調整や珍しくワンポイント指導なども入り、菜の花ならではの塩梅を探り合うなんだかきっちりなリハでした。

ちゃーりーさんは美術や映画や芸能や自然などものすごくたくさん幅広く観に足を運ぶというのを日常的にされていて、今日も最近印象的だったアレコレ聞いたら俺のやる気も倍増楽しかった。

盆踊りレパートリも増えたし、ホーン&エレクトリックな編成で回る照明付きのチャーリー高橋ダンスナイトやりたいな。。みんなゴールドなかっこして。。

そんな妄想トークのBGMはチャーリーアナログコレクションからエルメート・パスコアルでした。



3/17は新旧取り混ぜたセットリストで、ぐっとエリア拡大の春夏コレクションとなりそうです。岡野さんの電子ピアノとさとうの歌曲コーナーも予定してます。おフランスものなど。

なんと、ひょうたんたけしさんの楽器販売やオバケダイガクさんの冊子販売もあるとかないとか?

最近たけしさんのひょうたん笛を拝見する機会が続いてて嬉しい〜。例のタマシイのお話とか、自分もあそことかあそこに落として来てるはずだけどもう流石にネズミやカラスに喰われちゃってる気もしてそれってなんかイイよなぁとか妙にホッとするんだけど。

そんなまさに菜の花の季節の菜の花楽団、お運び待ってます!


◎2017年3月17日(金) 19:00開場/ 19:30開演
◎chaabee(門前仲町) 080-5409-5099
◎ドリンク+投げ銭

◎出演:菜の花楽団**高橋裕(arr.gt.vo.)、岡野勇仁(key.vo.)、さとうじゅんこ(vo.)
◎ゲスト:ひょうたんたけし
◎物販?:オバケダイガク、ひょうたんハウス


//

徒歩帰宅。

夜遅く愛のイベントならではの贅沢なお菓子解禁。
チビチビ大事に味わう。


趣味の手仕事欲求を抑えて地味な家練は続く。
いまこれすごく大事。

じゅんこ


2017年02月08日

2/7

『Music as film』早くも最終リハでした!

七里圭さんの「音から作る映画」プロジェクトのこれまでを一挙にライブパフォーマンスで上映するというなかなかヘヴィな3日間。

本作は最終日が本番、映画の歴史と戯曲サロメとが交差する音と言葉と時間の音楽、とても刺激的だと思います。

映像や池田さん作LEDの点滅によるキューに翻弄されながらも、出演者のみなさますごくステキですよ。私さとうは日夏耿之介訳「院曲撒羅米」よりサロメの台詞を歌ったりあれしたりします。テクニカルや音楽そのものや作品の内容がそれぞれ一筋縄では行かない上、複雑に影響し合うため、ものすごい集中力。脳がすーんと気持ちイイ楽しい。

そして録音された音源は桧垣さんのアクースモニウムから、声のライブパフォーマンスは池田さんの2chからというダブルPAシステムによる立体的な音像で上映されるという贅沢さ!気楽に再演出来るモノではありませんのでお見逃しなく〜。

私もご予約承っております。
お名前と人数をお知らせ下さいませ。

//

TPAM2017 フリンジ
音から作る映画のパフォーマンス上映A
『Music as film』



◎日時:2017年2月19日(日)18:00 [上演時間60min] 
◎会場:VACANT(原宿)東京都渋谷区神宮前3-20-13 
◎料金:前売3,000yen+1drink/ 当日3,500yen+1drink/ TPAM参加登録者特典2,700yen+1drink
◎出演:さとうじゅんこ、Cal Lyall、James Hadfield、Miya、徳久幸太郎ウィリアム、sei、山形育弘、今藤哲平 他
◎音楽:池田拓実
◎アクースモニウム演奏(音響):檜垣智也
◎構成・演出:七里圭
◎日本語・英語(英語字幕あり)
◆詳細:TPAM2017サイト
--
2014年に上演された「音から作る映画」シリーズ第一作『映画としての音楽』を大幅に改定、英語ネイティブのパフォーマーを加えたインターナショナル版の世界初演。19世紀末にパリで生まれた映画と上演されなかった戯曲「サロメ」の奇妙な連関を字幕とボイスパフォーミングで語り起こす。


--
<関連公演>
2/17 音から作る映画のパフォーマンス上映C『サロメの娘/パフォーマンス』
2/18 音から作る映画のパフォーマンス上映B『サロメの娘/アクースモニウム』
 

//

徒歩帰宅は空気がくっきり澄んでいて気持ち良かった。
おやすみなさい!

じゅんこ