2017年02月08日

2/7

『Music as film』早くも最終リハでした!

七里圭さんの「音から作る映画」プロジェクトのこれまでを一挙にライブパフォーマンスで上映するというなかなかヘヴィな3日間。

本作は最終日が本番、映画の歴史と戯曲サロメとが交差する音と言葉と時間の音楽、とても刺激的だと思います。

映像や池田さん作LEDの点滅によるキューに翻弄されながらも、出演者のみなさますごくステキですよ。私さとうは日夏耿之介訳「院曲撒羅米」よりサロメの台詞を歌ったりあれしたりします。テクニカルや音楽そのものや作品の内容がそれぞれ一筋縄では行かない上、複雑に影響し合うため、ものすごい集中力。脳がすーんと気持ちイイ楽しい。

そして録音された音源は桧垣さんのアクースモニウムから、声のライブパフォーマンスは池田さんの2chからというダブルPAシステムによる立体的な音像で上映されるという贅沢さ!気楽に再演出来るモノではありませんのでお見逃しなく〜。

私もご予約承っております。
お名前と人数をお知らせ下さいませ。

//

TPAM2017 フリンジ
音から作る映画のパフォーマンス上映A
『Music as film』



◎日時:2017年2月19日(日)18:00 [上演時間60min] 
◎会場:VACANT(原宿)東京都渋谷区神宮前3-20-13 
◎料金:前売3,000yen+1drink/ 当日3,500yen+1drink/ TPAM参加登録者特典2,700yen+1drink
◎出演:さとうじゅんこ、Cal Lyall、James Hadfield、Miya、徳久幸太郎ウィリアム、sei、山形育弘、今藤哲平 他
◎音楽:池田拓実
◎アクースモニウム演奏(音響):檜垣智也
◎構成・演出:七里圭
◎日本語・英語(英語字幕あり)
◆詳細:TPAM2017サイト
--
2014年に上演された「音から作る映画」シリーズ第一作『映画としての音楽』を大幅に改定、英語ネイティブのパフォーマーを加えたインターナショナル版の世界初演。19世紀末にパリで生まれた映画と上演されなかった戯曲「サロメ」の奇妙な連関を字幕とボイスパフォーミングで語り起こす。


--
<関連公演>
2/17 音から作る映画のパフォーマンス上映C『サロメの娘/パフォーマンス』
2/18 音から作る映画のパフォーマンス上映B『サロメの娘/アクースモニウム』
 

//

徒歩帰宅は空気がくっきり澄んでいて気持ち良かった。
おやすみなさい!

じゅんこ



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字