2007年03月

2007年03月31日

今日もZAIM de FESTA におけるON-COO企画で、Sympho Canvas® のための多重歌唱の収録の様子を公開して、お客様と一緒に楽しもう!というイベントを行いました。宮本さんのアイデアは毎回どんどん広がっていくので、いつも楽しみながらチャレンジさせていただいています。

今回も、いつもの暗い自宅収録ではなく、宮本さんとの共同作業、しかもオープンスタジオ、そしてZAIMは全館おまつり、という初めてづくしの状況を楽しむべく、あえてアタマのなかは空っぽで会場入りしました。

先週の「この道」は宮本さんのアレンジでカンペキなスコアまでいただいていたのに対し、今週の「エーデルワイス」は、ラフにメロディラインもハーモニーも即興、飛び入りのお客様にも自由に歌っていただく、楽しまないと損なシチュエイション。

たまたまライヴの後に立ち寄った吉田さんの自作カリンバも入って、どんどんナチュラルな厚味とダイナミクスが加えられていきます。

そして、これらのトラックを再生すると、シンフォキャンヴァスの中をさまよいながら聞く時に、歌っている人たちの人生というと大げさですが、さまざまな背景を映したランドスケープを体験できるのです。
これが、とてもおもしろくて感動的。
ワークショップなど今後への可能性をたくさん含んでいると思います。

年度明けのZAIMでは工事が入るなどの関係で、これまでON-COOが毎月行ってきたイベントは少しの間お休みとし、これまで以上の充実した活動のための時間を持つ予定です。今後ともご期待ください。


a8b42a72.jpg

446a010d.jpg


2007年03月25日

横浜創造界隈ZAIM今年度の成果を集約した「ZAIM de FESTA」において、
ON-COOでは森田ヒロさんたちの絵画と、Sympho Canvasの展示を行っています。
そのイベントとして、今回は多重歌唱の録音現場をごらんいただくという企画に参加しています。

曲目は宮本宰さんの編曲による「この道」と「エーデルワイス」。
いつもわたくしは自宅でひとり、地道にくらーく歌っているのですが、
このたびはなんと宮本さんが録音に関する作業をしてくださり、わたくしは歌う人、
といういかにもスタジオ収録風でありがたいシチュエイションです。

他の会場でのイベントもあるので静かな環境は確保できないのはご愛嬌として、いつものマイペースで何十回も取り直しというような自分との闘いがないので、逆の意味でのプレッシャーが。。

しかしそこは度胸、いつもの宮本さんとのおしゃべりをしながら、楽しんでやらせていただきました!
いやあできあがりがどうなることやらさっぱり二人にはわかりません、というような気楽さがモットーです。ただ、こうやって地道にワントラックずつ録音して、それを一本一本のスピーカに振って、その響きを調整して、という制作の現場を特別特権的なものではなく、身近で手作りな作業なのだと少しでも感じていただければ、その楽しさをみなさんと共有できれば、という企画なのです。

今度の土曜日は、さらにラフにみんなで「エーデルワイス」を歌おう!シンフォキャンバスで自分の声が流れるよ!という趣向になっております。
午後1時から3時の間がチャンス、是非遊びにいらしてください!

---------------------------

Edelweiss

Edelweiss Edelwiess every morning you greet me,

Small and White Clean and Bright,

You look happy to meet me,

Blossom of snow may you bloom and grow,

Bloom and grow forever,

Edelweiss Edelweiss Bless my homeland forever.


-----------------------------------

ZAIM de FESTA
ON-COO 'Sympho Canvas®'
宮本宰とさとうじゅんこの多重歌唱公開録音

2007.3.31.sat. 13:00-16:00
ZAIM 別館 2階 202
入場無料

そのほか4月1日までのZAIM de FESTA 期間中は、
シンフォキャンバスの通常の演奏展示をご覧いただけます。

2007年03月20日

レンタカーにぎっしり機材・楽器・おやつなどを積んで、会場入り。
都心の道路事情にまだまだ疎いわたくしたちはお昼の渋滞に巻き込まれ、出だしで遅れをとる。。
音響とうた・楽器チームは着々と仕上げに向かっていく中で、
やはり美術・衣装と照明は現場で判断していくしかないところが大きく、
そしてこれはわたくしたちのプロジェクトの作品づくりにおいて今
とても難しいポイントになっているのだが、今回は室伏さんのさすがとしかいいようのない洞察力と発想力で、見事に作品へと集約され、深められていくのを目の当たりにした。

音響プランやデザインは出発点において意味を与えられたものであるが、
作品に於いてその意味自体が存在感・意味をあらわしてはいけない。
そうした必然の世界にたどり着けたという点では、うまく行けそうだと思う。
しかし、もう一度、空間・音響・身体を振り返って、作品というものを整理しなくてはならない。

明日までに、何ができるか考えたい。

とはいうものの、今回は今までにないほど音楽的というか、音がおもしろい。
こちらはもう踊りとのかけひきを楽しんで行きたい。

5988dd78.jpg


2007年03月18日

ついに「ビオトープ」全公演が無事に終わりました!!
昨年5月から打合せを始めて約10ヶ月、長かったようであっという間でもあった、
という月並みな言葉ではありますが、
終わってしまうと心地よい充足感とさみしい気持ちが混じって、
今回のクリエイションならびに制作で関わったチーム全体の雰囲気が
とても自然だったのだと改めて思います。

もちろん産み出すのに必要だったエネルギー・パワーはとてつもないものでしたが、
それがごく身近で等身大の自分たちから出てくるものだったことで、
絶妙なバランスと全体像を伴ってかたちにあらわれた、という感じがします。
しかしそれだけに、次作は本当の意味で大変になるように思います。
って、もう次の話をしているわたくしたち。

もんじゃ全種を食べ尽くす勢いのコドモなオトナたちに、月島の日は暮れていきました。

a72c1e6c.jpg


2007年03月13日

衣装美術の小林さん・甲斐さんとsound+dance+visual vol.9 「蛹」の打合せ。
おふたりは大きな舞台のお仕事を終えたばかりですが、
ここからまた「蛹」に向けて大変な1週間です。
作品自身がどんどん深まっていく勢いに、自分たちが逆にひっぱられているようです。

そののち、室伏さんにも合流していただいて打合せ。
ヴィジョンがきちんとしているところにはちゃんと反応してくださり、
つまり逆に甘いところがしっかり見抜かれていたりして、いろいろ気付かされた。
小林さんたちもやりがいに感じてくださり、いよいよまた大きなうねりが生まれそうだ。
うたも楽器も作曲もがんばらないと!!

入場のお申込みはメールにて「お名前・人数・公演時間・ご連絡先電話番号」をお知らせください。
当日、受付での精算(前売料金3,000円)にてご入場となります。

▼sdv9「蛹」お申込み受付: ticket@suara.jp

/////////////////////////////////////////////////////

平成18年度 横浜市創造的芸術文化活動支援事業
SoundDanceVisual vol.9
『蛹』 chrysalis

声とサウンド・美術・ダンスによるステージドコンサート

68755926.jpg

Sympho Canvas®と4.1スーパーマルチシステムとの
デュアルサウンドシステムによる驚異のジオグラフィックサウンド!!
その音場のただなかで声・サウンド・踊り・美術・ひかりによる波動の融合を体感せよ。

-------------------------------

繭のなかで異形の産霊がゆらめいている
新しい太陽と月は天空で動かず
人々は雨に溶けてしまった
世界は四度滅び、今ふたたび創世の神話が始まる
豊穣のメカニズムは星によって受け継がれ
温かな臨界のときを夢見ている

-------------------------------

構成・演出: project suara
音楽: 種子田郷、さとうじゅんこ

踊り: 室伏鴻
声: さとうじゅんこ、さかいれいしう、麻耶、岡山守治

音響デザイン: 宮本宰 [Sympho Canvas®]
音響デザイン: 重信芳光 [4.1スーパーマルチ]

美術・衣装: 小林和史、甲斐さやか(Outsect)


照明: 加藤いづみ
グラフィックデザイン: 三浦秀彦(Cloud Design)
音響システム:TAGUCHI

▼日時: 2007年3月21日(水・祝) 16:00 / 19:00 (開場は開演の15分前)
▼会場:ZAIM 別館 2Fホール [アクセス]
     みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分
     JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分
▼入場料: 前売\3,000 / 当日\3,500(全席自由・70席限定)


*********************************************************

話はかわって、明日から能美さんの「ビオトープ」で会場入りです。
照明をどこかで思い切ったものをひとつ、入れたいです。
楽しみです。

チケットは、17日の昼・夜ともにもう少しお席が残っています。
お早めに!!

能美健志ソロパフォーマンス「ビオトープ」

■構成・振付・出演: 能美健志
■構成・演出: さとうじゅんこ (project suara)
■音楽: 種子田郷 (project suara)
■音響デザイン: 磯野順一(Taguchi)
■衣装: 川口知美(COSTUME80+)
■映像: michi
■照明: 加藤いづみ

◎日時: 2007年 3月16日(金)19:30  完売!
           3月17日(土)15:00 / 19:30
           3月18日(日)15:00 ほぼ売り切れ!


* 開場は開演の15分前
* 16日終演後にポストパフォーマンストークあり

◎会場: TEMPORARY CONTEMPORARY
104-0052東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2階
都営大江戸線・東京メトロ有楽町線月島駅7番出口より徒歩2分
旭倉庫正面ゲートを入り、右手の建物のエレベーターで2Fへ

◎料金: 前売 3,500円 当日4,000円 (全席自由・税込)

▼お申込み受付:ダンステアトロ21
           電話(03-6760-7009)もしくはメール(info_dt21@yahoo.co.jp)