2006年12月

2006年12月25日

恒例のチーズフォンデュとケーキをたっぷり!
今年はひとりに1ホールです。

38372c2c.jpg


高田馬場のスタジオにて、「ビオトープ」のリハーサル。
今回も能美さんの動きを監察して、そこで起こっている事を一緒に分析。
この作業は、作品としての思考にもだんだんつながってきたようだ。

能美さん自身が客観的に自分の状態を見るようになり、
そのモードのシフトで、生命・生活のいとなみをより構造的にとらえたり、
その構造を視覚化できたり、そのプロセスが共有できるようになってきたのを感じる。

ここから年明けまで、能美さん自身の作業を積み重ねてもらい、
いよいよ、他の要素との絡みも試していくことになる。

2006年12月24日

1週間にわたる展示の中でも今日は、
シンフォキャンバスの演奏と一緒に生で歌うミニコンサートを行いました。
お昼頃から公開リハーサル式で、ハモってみたり、ピアノで伴奏をつけたり、
宮本さんが指揮をとってくださったり、楽しく遊んでみました。
演出もお客様の様子次第ですが、派手な動きはせずに、
自分たちがシンフォキャンバスの響きをじっくり味わいながら一緒に口ずさんだり、
教会でみんなが賛美歌を歌っているような雰囲気で歓びを歌うようにしました。

2階ホールでのアブサンのライヴ後、そちらのお客様を種子田が誘導してくれたところで、ドアを閉めて、「コンサート」を開始。
このシステムのビジュアルと空間演出にみなさんがだんだんなじんで、
響きに耳をかたむけてくれているのを感じ、
その波にのって、気持ちよく歌うことができました。
そこに音楽の大事なことがちゃんと存在していたら、
それをみなさんに感じていただければ、しあわせです。

本当にしあわせなイヴでした!

96d54fb4.jpg
e928365b.jpg


2006年12月22日

種子田ともども、今の環境ではさすがにもう限界といいながらも、なかなか状況が許さないところ。
でも。狙っています。

MacBook MA700J/A (13.3型ワイド液晶ディスプレイ搭載) [MA700J/A]

交換プログラムDIGI001からDIGI002 RACK


2006年12月19日

新作「まほろのやみ」のためのリハーサル。
実は「イタリア-ジャポネ/コンテンポラリーダンスフェスティバル2007」にproject suara として参加することが決まり、ダンサーの神村恵さんとギターの阪本剛二郎さんと共に新作で臨むことになりました!
これは、L'arte del mutamento 芸術祭参加事業として、ジェノバのテアトロ デラルキボルトが行うものです。海外での公演は初めてになりますし、project suaraの音の身体をどこまで実現できるか今までにない大きなチャレンジになると思われますが、神村さんや阪本さんの心強いお力添えをいただきながら、いい作品をやりたいです。

--------------------------------

L'arte del mutamento 芸術祭参加事業
「イタリア-ジャポネ/コンテンポラリーダンスフェスティバル2007」
project suara 新作「まほろのやみ」

音楽:種子田郷
出演:さとうじゅんこ(voice)、阪本剛二郎(Guitar)、神村恵(dance)
衣装美術:甲斐さやか
日時:2007年2月13、21日ほか
会場:ジェノバ公演 - テアトロ デラルキボルト クスタポモデナ劇場
   セスト・サンジョバンニ公演 - SPAZIO MIL
   ミラノ市公演 - SCUOLA D'ARTEDRAMMATICAPAOLO GRASSI