2006年01月

2006年01月01日

あけましておめでとうございます。

昨年は、自分の身体性について考え、作品として発展させる方向を見出したことが大きな転機になりました。プロジェクトとしてもひとりの表現する人としても、それぞれの立場を明確にしていかなければ、ジレンマに耐えられないところまで来た時期でもあり、今年はさらに、いろんな意味で成長しなければいけないと考えています。
また、今年は、作品を次々に生み出していくことが予定されています。
自分の思考をフル回転し、苦手意識のある人付き合いも避けずに、
やるべきことを先延ばしせず、なるべく失礼もないように、
しかし最後には楽しく爽快に本番を遂げたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。